太陽光発電親切ガイド

世界規模から各家庭に至るまで、広く注目をあつめている太陽光発電システムについて。

太陽光発電産業界の発展

産業界の発展の速度が激しくなると、垂直統合型に分類される企業でも、非競争領域は外部のメーカーに任せて、自社は差別化領域に特化する傾向が見られています。

半導体産業でも、装置メーカーがハードの提供だけではなく、プロセスレシピの提供、ほかの装置とのインテグレーション・プロセス管理なども装置メーカーが請負うようになりました。

その結果、半導体の市場規模は70年からの30年間で64倍になり、製造装置市場は同じ期間で半導体市場の成長を大きく上回りました。

07年の太陽電池製造装置市場では欧州勢のシェアが80パーセントを超えており、日本勢は10パーセントに、留まりました。

日本の太陽電池製造装置メーカーは、日本の太陽電池メーカーとの取引が主体で、海外展開に消極的でした。

また、市場が拡大している欧州、中国、東南アジアでは欧州以外の企業からの装置購入が検討すらされなかったと言う事情がありました。

日本の製造装置メーカーは、日本の太陽電池メーカーと取引があり、高い技術を持つ企業も多く存在しています。

今後はアジア企業、特に液晶や半導体で実績のある企業が太陽電池市場へ本格的に参入する模様である。

日本の製造装置メーカーは地政学的なメリットと、半導体や液晶製造装置で構築した顧客との関係をもとに商談を有利に進められる立場に立っています。

現在、アジアの太陽電池メーカーは、日本メーカーからの装置購入も検討していて、短期的に日本の太陽電池製造装置メーカーのシェアが拡大するのではないかと言われています。【資料:太陽光発電比較探検隊

Theme author: http://thememotive.com. Engine: http://wordpress.org.